| カテゴリ ※アミノ酸とは?

アミノ酸について

アミノ酸は、タンパク質を構成する物質です。
身体を構成する成分のうち、水分の次に多いのがタンパク質なのです。

タンパク質は、約20種類のアミノ酸で造られており、臓器や筋肉の構成成分となります。
また、身体を造るだけでなく、酵素やホルモン、血液成分などの原料にもなるのです。

20種類のアミノ酸のうち、イソロイシン、ロイシン、フェニルアラニン、リジン、メチオニン、バリン、スレオニン、ヒスチジン、トリプトファンの9種類は必須アミノ酸と呼ばれています。

疲労回復や筋力向上に効果があるとされるのがBCAA(Branched Chain Amino Acid=分岐鎖アミノ酸)と呼ばれるロイシン、イソロイシン、バリン。
これらは筋肉を構成するミオシン、アクチンというタンパク質に多い成分であります。
スポーツの前後にBCAAを摂取すると、スタミナを維持できたり筋肉痛を防ぐといった効果が期待できます。

体力増強だけでなく、脳細胞に働くアミノ酸もあり、バリン、イソロイシン、ロイシン、アルギニン、グルタミン酸、セリンが脳細胞強化に働くといわれている。

アミノ酸は我々の生命活動に欠かせないタンパク質を作る最小単位です。
自然界には500種類ものアミノ酸がありますが、そのうちのたった20種類のアミノ酸が複雑に組み合わさり、分解・合成という新陳代謝を繰り返す事によって、人体に必要な10万種類以上のタンパク質を作っているのです。

【アミノ酸の摂取のポイント】
・必須アミノ酸のうち摂取量がひとつでも少ないと、他のアミノ酸も一番少ないレベルまでしか働かないという特徴があるので、バランスよく摂取することが重要です。

アミノ酸は、運動時だけではなく、普段の生活においても効果を発揮します。
アミノ酸サプリメントは、ダイエットに運動を取り入れている方の必須アイテムと言えるでしょう。

大事なポイントは、自分の目的に合った種類のアミノ酸が配合されている商品を選ぶことです。
少なくとも、BCAA、アルギニン、グルタミンの5つが配合されているサプリメントならマルチな幅広い効果が期待できます。
この5つの大切なアミノ酸が含まれていない商品もありますから、選ぶときはよく成分表示をチェックしてください。

摂りすぎると副作用等ないのか?と、心配な方もいらっしゃいますが、もともと体にある栄養素であり、薬でもありませんので副作用はありません。

アミノ酸は体の機能を維持するために必要なたんぱく質に合成されて使われていきますので、摂りすぎるという心配はないのです。
しかも、一度にたくさん摂ってもビタミンなどと同じように、代謝されて尿中に排出されてしまいますので安心です。

ただし、1種類のアミノ酸だけを多量に摂取すると、体内のアミノ酸バランスを崩す可能性がありますので注意が必要です。
複合アミノ酸サプリメントを摂っていればまず心配はありません。

アミノ酸サプリメント・一覧
posted by プロ at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ※アミノ酸とは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。